すべてのツアー すべてのスタディツアー、ワークキャンプをご紹介します

インド洋大津波被災地で東日本大震災7年目を迎える 作品づくりで交流する旅

海沿いのタイの暮しを体験しながら災害復興や持続可能な社会を考えます。エメラルドグリーンの海、マングローブ。漁網の修理をする村人。子供たちの笑顔。ここは13年前に多くの生活や命を失う災難に遭ったとは思えません。どのようにして復興し平和を再構築したのかを現地を訪ね人々と接して考えます。

団体名 ツナミクラフト
住所 兵庫県西宮市浜甲子園3-1-3
TEL 0798201357 FAX 0798201357
URL http://tsunamicraft.asia/2017/10/16/2018%E5%B9%B4%E6%98%A5%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E7%89%B9%E8%A8%AD%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/ e-mail idea@skyblue.ocn.ne.jp

訪問国・地名 タイ
実施月 2018 年3 月6 日( 火) 出発~ 3 月13 日( 火) 帰着 6 泊8 日
テーマ
  • 国際交流・ボランティア体験
  • 子ども
  • 技術協力・参加型開発
参加費 22万円 (各種割引あり)
定員 12人
旅行形態 旅行企画 : 募集型企画旅行
旅行会社名 : 旅行企画・実施 エアーワールド株式会社
問い合せ・申込み:株式会社マイチケット(エアーワールド代理店)
申し込み : 株式会社マイチケット(エアーワールド代理店)

ツアー内容

ツアー内容 : ツナミクラフトのスタディツアーは2004年スマトラ島沖地震のインド洋大津波の支援活動から生まれました。
自然、人々の暮らしなど地域の誇りを重視した体験型のコミュニティ・ベースド・ツーリズムは世界から評価されています。
訪問する地域は、津波に被災する前より人口が増えるなど驚異的な復興を遂げています。なぜそうなったのかを実際に復興に携わった人に会って学べます。
村人や子ども達との交流は人気プログラムです。様々な民族や宗教など多文化が共生する地域で人々との出会いがあります。

今回のテーマは3つ
1.染物、織物など作品づくりを通じて交流
2.イスラム教徒の村にホームステイ
3.80人の子供たちと東日本大震災7年目の日を過ごす

その他、フェアトレード生産者訪問など

体験型ツアーを支える複数スタッフによる充実のサポート体制で安全に楽しく学べる旅を提供しています。

申し込み : 株式会社マイチケット(エアーワールド代理店)
日本旅行業協会(JATA)協力会員/兵庫県知事登録旅行代理店業第142号
総合旅行業取扱管理者:山田和生
〒660‐0084 尼崎市武庫川町4-27-1
TEL:06-4869‐3444 FAX:06-4869‐5777 iwai@myticket.jp 担当:岩井
http://myticket.jp/archives/tsunami-tai201803.html

3月6日(火) 【移動日】
朝9:00関空集合
《航空機》関西空港11:00発 →バンコク国際空港 乗り継ぎ →プーケット国際航空18:25着
《専用車》プーケットのホテルへ
夕食:旧市街にて プーケット
ホテル
3月7日(水) 【ホームステイ1日目】
《専用車》 朝9時ホテル発 →プラートーン寺院 →ポリスボート(昼食) →クラブリ →タレーノーク村(約200km移動) タレーノーク村
ホームステイ 朝 夕
3月8日(木) 【ホームステイ2日目】
タレーノーク村でのアクティビティ タレーノーク村
ホームステイ 朝 昼 夕
3月9日(金) 【ホームステイ3日目】
タレーノーク村でのアクティビティ
《専用車》昼食後タレーノーク村出発 →児童養護施設 →宿泊施設(ナムケム) 児童養護施設:歓迎会 ナムケム村
津波避難所兼青ユースセンター 朝 昼 夕
3月10日(土) 【タイ最大の被災地ナムケム村】
《専用車》ナムケム村を巡る(漁港、津波メモリアルパーク、ミャンマー人の施設) →バンムアン町の旧避難所跡(さをり織り体験) →昼食 →子どもたちとの交流 →タクアパ旧市街のアートプロジェクト見学(予定) →夕食 児童養護施設でのアクティビティ:子どもたちと絞り染め、交流会 ナムケム村
津波避難所兼青ユースセンター 朝 昼 夕
3月11日(日) 【東日本大震災7年目の日】
《専用車》宿泊施設(ナムケム) →ポリスボートで展示作業 →昼食 →
現地時間12時46分(日本時間14時46分)に合わせて式典 →自由時間 →14時頃から撤収作業 →クラブリへ移動
クラブリ町 ホテル 朝 昼 夕
3月12日(月) 【ふりかえり】
朝市体験 →ふりかえり
《専用車》昼食後出発 →お土産タイム →約4時間→空港
《航空機》プーケット国際航空19:15発 →バンコク国際空港 乗り継ぎ →関西空港06:25着(翌日) 朝 昼
3月13日(火) 【帰国】
関空06:25着 午前8時解散(予定)

みんなの「声」、届きました。 みんなの声を見る→

掲載をご希望の団体様へ

スタディツアーや、ワークキャンプをこのサイトで紹介したい!

そういった団体様を募集しております。
掲載のご希望等のお問い合わせは下のボタンからどうぞ。

お問い合わせ

注目のキーワード

BOPビジネスCDM植林Docue!GNH(国民総幸福)HIV/エイズKJ法NGO的生き方NO!人身売買・児童買春NPOハロハロODAPRAREDDプラスえびアキラエコビレッジオーガニックオーガニック・コットンカレーグローバル人材育成プログラムコーヒーゴミ集積場・スカベンジャーシャーマンジェンダーと開発ストリートチルドレンスローライフソーシャルビジネスゾウタイで迎えるクリスマス・新年チャリティ・ラントレッキングニョニャババ料理パトロール体験ヒマラヤの秘境ピナツボ火山被災地フィールドワークフェアトレードホームステイマイクロファイナンス・マイクロクレジットマングローブマングローブ植林ユースワークショップ世界遺産五体投地人材育成研修他民族社会・他民族国家仲間との出会い企業訪問伝統文化・少数民族住居・学校建設ワーク保健医療児童労働原発参加型開発収入向上地元学地域づくり地雷原見学女性と貧困女性のエンパワーメント女性グループ・地域と女性子どもたちとヨガ子どもとキャンプ子どもの健康子どもの教育子どもの権利・子ども参加孤児院学校宗教・エスニシティ対話型ファシリテーション少数民族帰還民幸せ・豊かさ復興循環型生活・自然エネルギー戦争・歴史棚田植林水産資源沐浴漁村・漁業漁村・漁業漁業現地NGO・住民組織訪問環境環境・環境汚染・環境回復環境保全環境汚染・環境回復瞑想体験神降ろしを行う奇祭移民・移住労働者緊急支援自然資源管理被災地支援・復興支援路上演劇農村開発・農業体験都市と地方障がい児障害・福祉雇用
  • MY TICKET オルタナティブツアー

  • 風の旅行社 奥地へGO

  • ピース・イン・ツアー スタディツアー

  • JICS 財団法人 日本国際協力システム このウェブサイトは財団法人国際協力システム(JICS)の平成21年度NGO支援事業の協力で制作されました。
  • NPO法人かものはしプロジェクト このウェブサイトはNPO法人かものはしプロジェクト
IT事業部が制作しました。私たちはカンボジアの子ども達を応援しています kamonohashi project

ページの先頭へ戻る