すべてのツアー すべてのスタディツアー、ワークキャンプをご紹介します

インドの農村で現地NGOと活動しよう!スタディープログラム2015春15日間 ※終了しました

現地でのプログラムを参加者で企画できる!多様な現地プロジェクトを一度に見られる!観光名所もはずさない!ツアーです。

団体名 NPO法人ニランジャナセワサンガ
住所 大阪府大阪市西区北堀江1-3-7 倉商ビルB1F インドレストランShama内
TEL 070-5264-4880 FAX 06-6536-6669
URL http://npws.org/jtop.html e-mail mag@npws.org

訪問国・地名 インド・デリー、ブッダガヤ、アグラ
実施月 2015年3月7日(土)~21日(土) 15日間
テーマ
  • 国際交流・ボランティア体験
  • 子ども
  • 貧困・飢餓
参加費 179,000(一般)/¥155,000(学生) ※詳細はツアー内容をご覧ください
定員 10名(最少催行人員:6人)
旅行形態 旅行企画 : 募集型企画旅行
旅行会社名 : 株式会社フェニックス・エンターテイメント・ツアーズ関西支店 フェニックスツアー インドツアー係
申し込み : NPO法人ニランジャナセワサンガ

ツアー内容

ツアー内容 : スタディツアーじゃ物足りない!
「国際協力」、「開発」、「自立」って何だろう
って真剣に考えてみたい!
一緒に何かをするアツい仲間がほしい!
せっかくだからタージ・マハルは行きたい!!(笑)
―そんなあなたに!

【旅行日程】 2015年3月7日(土)~3月21日(土)
【訪問地】 インド・デリー、ブッダガヤ、アグラ
【旅行代金】 ¥179,000(一般)/¥155,000(学生)
※燃油サーチャージ・各国諸税・空港諸税など別途必要。
※リピート参加割引あり。詳しくはお問合せください。
-----------------------------------------
★早割★
¥2,000 OFF!!(1月7日までにお申込みの方)
-----------------------------------------

【募集人員】 10名(最少催行人員:6人)
  【申込締切】 2015年2月7日(土)
※定員になり次第締切、締切後の申込は要相談。
【詳細】
http://blog.livedoor.jp/sewasanga/archives/55051558.html 

□■ ツアー企画担当よりメッセージ ■□
ビビッときたなら、それはご縁です!!
はじめまして、スタディーブログラムの引率をさせていただきます安藤真子です。私、実は前回のスタディープログラムに参加者としてインドへ行きました。そこで感じたこと・学んだこと・もやもやしたことが多すぎて、帰国後ニランジャナセワサンガでインターンを始め、次は引率者として参加者のみなさまとインドに行きたいなと考えています。このプログラムの特徴は、村で過ごす9日間の後半5日間。なんたって「参加者のみなさんがつくる」スタディープログラムですから、みなさんの興味関心・もやもやをより深める機会になることを願っています。そしてそのお手伝いをできるように頑張らせていただきます!もし「セワサンガのスタディープログラムに惹かれる...」とビビッときたなら、それはきっとご縁です!インドでお会いできることを楽しみにしています。

□■ ツアー参加者の感想(抜粋) ■□
このスタディープログラムに参加して本当に良かったと思います。自分たちでインドに行っても行き着けないような場所、特に孤児院、現地の学校、貧困層の村やアウトカーストの村に行くことができたのが一番の特徴だと思います。観光でインドに行っても、インドのいいところ、つまり表面だけしか見られないと思いますが、このスタディープログラムではインドという国が本来抱えている問題を身近に感じることができ、そうした問題を抱えた人たちとコミュニケーションが取れたという点が非常に優れていたと思います。
貧困層の村であるスジャータ村の孤児院の子どもたちとコミュニケーションを密に取れ、サッカーまで一緒にできたこと、そうした子どもたちの考え方を直に聞けたことは自分にとって大きく考え方が変わるきっかけとなりました。
すべてではないですが、普段見ることのできないインドの上から下までの大きな幅を垣間見ることができたと思います。観光では得られない日本人がインドという国として思い描くものとの差も同時に感じることができ、インドがどういった国なのかを理解できるものだったと思えます。
(2014年夏ツアー参加者Yさん)

□■ 出発前ミーティング ■□ 2015年2月中旬
大阪:四ツ橋・インドレストランShama(予定)
東京:東京都内
※詳細が決まり次第、参加申込者へご連絡いたします

● ツアー内容に関するお問合せ
NPO法人ニランジャナセワサンガ http://npws.org/jtop.html
TEL:070-5264-4880 FAX:06-6536-6669
E-mail:mag@npws.org  担当:加世田 愛

● 参加申込に関するお問合せ
株式会社フェニックス・エンターテイメント・ツアーズ 関西支店
フェニックスツアー インドツアー係
TEL:06-6534-6361 FAX:06-6534-6368
営業時間:月~金 9:30~18:00  担当:斎藤 恵美

-------------------------------------------------
プログラム企画:NPO法人ニランジャナセワサンガ
後援:大阪ユネスコ協会
旅行企画・実施:株式会社フェニックス・エンターテイメント・ツアーズ

1日目 夕刻:関西空港または成田空港発、上海経由、デリーへ。
深夜:デリー到着後、ホテルへ。
2日目 終日:デリー市内観光(世界遺産フマユーン廟、ヒンドゥー寺院など)。
夕刻:寝台特急列車で、ブッダガヤへ移動。
3日目 早朝:ブッダガヤ到着後、ゲストハウスへ。
午後:孤児院の子どもたちと交流、ブッダガヤで買い物。
4日目 午前:【プロジェクト見学】ニランジャナスクール本校(インド式授業を体験)、診療所。
午後:現地スタッフと周辺散策。
5日目 午前:【プロジェクト見学】ニーマ村分校(BEAMスクール)、村の女性が通う裁縫教室。
午後:アウトカーストの人びとが暮らすニーマ村訪問
6日目 午前:【プロジェクト見学】(ジープにて移動)ゴンガリア村分校、植林プロジェクト。
午後:診療所の医師から話を聞く。子どもたちとスジャータ寺院観光。
7~11日目 参加者のみなさんと一緒にプログラムをつくります!! プロジェクト見学~を通しての気づきや参加者の興味関心をもとに、7日目(13日)にプランニングを行います。≪実施例≫学校で授業、関心分野(医療、宗教など)の関連施設訪問、調査、インタビュー、村人たちとイベント企画。
11日目 夜:寝台特急列車で、デリーへ移動。
12日目 午前:デリー到着後、専用車でヴリンダーヴァン経由、アグラへ移動。
夜:アグラ到着後、ホテルへ。
13日目 午前:アグラ観光(世界遺産タージ・マハル、アグラ城)。
午後:専用車でデリーへ移動。到着後、ホテルへ。
14日目 終日:デリー市内マーケット散策。
深夜:デリーから、上海経由、関西空港または成田空港へ。
15日目 夜:関西空港または成田空港到着後、解散。

みんなの「声」、届きました。 みんなの声を見る→

掲載をご希望の団体様へ

スタディツアーや、ワークキャンプをこのサイトで紹介したい!

そういった団体様を募集しております。
掲載のご希望等のお問い合わせは下のボタンからどうぞ。

お問い合わせ

注目のキーワード

BOPビジネスCDM植林Docue!GNH(国民総幸福)HIV/エイズKJ法NGO的生き方NO!人身売買・児童買春NPOハロハロODAPRAREDDプラスえびアキラエコビレッジオーガニックオーガニック・コットンカレーグローバル人材育成プログラムコーヒーゴミ集積場・スカベンジャーシャーマンジェンダーと開発ストリートチルドレンスローライフソーシャルビジネスゾウタイで迎えるクリスマス・新年チャリティ・ラントレッキングニョニャババ料理パトロール体験ヒマラヤの秘境ピナツボ火山被災地フィールドワークフェアトレードホームステイマイクロファイナンス・マイクロクレジットマングローブマングローブ植林ユースワークショップ世界遺産五体投地人材育成研修他民族社会・他民族国家仲間との出会い企業訪問伝統文化・少数民族住居・学校建設ワーク保健医療児童労働原発参加型開発収入向上地元学地域づくり地雷原見学女性と貧困女性のエンパワーメント女性グループ・地域と女性子どもたちとヨガ子どもとキャンプ子どもの健康子どもの教育子どもの権利・子ども参加孤児院学校宗教・エスニシティ対話型ファシリテーション少数民族帰還民幸せ・豊かさ復興循環型生活・自然エネルギー戦争・歴史棚田植林水産資源沐浴漁村・漁業漁村・漁業漁業現地NGO・住民組織訪問環境環境・環境汚染・環境回復環境保全環境汚染・環境回復瞑想体験神降ろしを行う奇祭移民・移住労働者緊急支援自然資源管理被災地支援・復興支援路上演劇農村開発・農業体験都市と地方障がい児障害・福祉雇用
  • MY TICKET オルタナティブツアー

  • 風の旅行社 奥地へGO

  • ピース・イン・ツアー スタディツアー

  • JICS 財団法人 日本国際協力システム このウェブサイトは財団法人国際協力システム(JICS)の平成21年度NGO支援事業の協力で制作されました。
  • NPO法人かものはしプロジェクト このウェブサイトはNPO法人かものはしプロジェクト
IT事業部が制作しました。私たちはカンボジアの子ども達を応援しています kamonohashi project

ページの先頭へ戻る