すべてのツアー すべてのスタディツアー、ワークキャンプをご紹介します

「インドで子どもに会って考える旅2011」 ※終了しました

経済成長が目覚ましく豊かな中間層が増えている一方、いまだ児童労働が世界で最も多い国と言われるインド。インドの子どもたちに出会い、児童労働の現状と問題への取り組みについて一緒学びませんか?

団体名 特定非営利活動法人 ACE
住所 〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
TEL 03-3835-7555 FAX 03-3835-7601
URL http://acejapan.org/modules/bulletin/article.php?storyid=263 e-mail studytour@acejapan.org

訪問国・地名 インド(デリーとラジャスタン州)
実施月 2011年8月26日(金)~9月3日(土) 7泊9日
テーマ
  • 国際交流・ボランティア体験
  • 子ども
  • 教育・人材育成
参加費 一般:243,000円 学生:223,000円
定員 15名

ツアー内容

ACE(エース)が支援する「子どもにやさしい村」の子どもやおとなたちとの交流や、子どものリハビリ施設での生活体験を通じて、児童労働をしていた子どもたちの生活がどのように変化したのかを理解します。また、国際労働機関(ILO)やフェアトレード団体などを訪問し、児童労働の問題を解決するためにできることを考えます。

【ツアーお申し込み先 】
エアーワールド(株)代理業:株式会社マイチケット
【訪問先・活動内容についてのお問い合わせ】
特定非営利活動法人 ACE
【旅行企画・実施】
エアーワールド(株)

8/26(金) 正午 成田空港出発、夜デリー着
8/27(土) 午前 デリー市内団体訪問
午後 バル・アシュラム(子どものためのリハビリ施設)に到着
8/28(日) 朝 子どもたちと一緒に体操、ヨガ
午前 「子どもにやさしい村」についての    オリエンテーション
午後 村の子どもやおとなと交流
8/29(月) 朝 子どもたちと一緒に体操、ヨガ
バル・アシュラムの子どもの活動見学
8/30(火) 午前 子どもたちと一緒に体操、ヨガ交流
午後 デリーへ移動
8/31(水) デリー市内団体訪問、ツアーの振り返り
9/1(木) 世界遺産タージマハール観光
9/2(金) デリー市内観光&買い物
夜 デリーを出発(JAL便利用予定)
9/3(土) 朝 成田空港着

みんなの「声」、届きました。 みんなの声を見る→

掲載をご希望の団体様へ

スタディツアーや、ワークキャンプをこのサイトで紹介したい!

そういった団体様を募集しております。
掲載のご希望等のお問い合わせは下のボタンからどうぞ。

お問い合わせ

注目のキーワード

BOPビジネスCDM植林Docue!GNH(国民総幸福)HIV/エイズKJ法NGO的生き方NO!人身売買・児童買春NPOハロハロODAPRAREDDプラスえびアキラエコビレッジオーガニックオーガニック・コットンカレーグローバル人材育成プログラムコーヒーゴミ集積場・スカベンジャーシャーマンジェンダーと開発ストリートチルドレンスローライフソーシャルビジネスゾウタイで迎えるクリスマス・新年チャリティ・ラントレッキングニョニャババ料理パトロール体験ヒマラヤの秘境ピナツボ火山被災地フィールドワークフェアトレードホームステイマイクロファイナンス・マイクロクレジットマングローブマングローブ植林ユースワークショップ世界遺産五体投地人材育成研修他民族社会・他民族国家仲間との出会い企業訪問伝統文化・少数民族住居・学校建設ワーク保健医療児童労働原発参加型開発収入向上地元学地域づくり地雷原見学女性と貧困女性のエンパワーメント女性グループ・地域と女性子どもたちとヨガ子どもとキャンプ子どもの健康子どもの教育子どもの権利・子ども参加孤児院学校宗教・エスニシティ対話型ファシリテーション少数民族帰還民幸せ・豊かさ復興循環型生活・自然エネルギー戦争・歴史棚田植林水産資源沐浴漁村・漁業漁村・漁業漁業現地NGO・住民組織訪問環境環境・環境汚染・環境回復環境保全環境汚染・環境回復瞑想体験神降ろしを行う奇祭移民・移住労働者緊急支援自然資源管理被災地支援・復興支援路上演劇農村開発・農業体験都市と地方障がい児障害・福祉雇用
  • MY TICKET オルタナティブツアー

  • 風の旅行社 奥地へGO

  • ピース・イン・ツアー スタディツアー

  • JICS 財団法人 日本国際協力システム このウェブサイトは財団法人国際協力システム(JICS)の平成21年度NGO支援事業の協力で制作されました。
  • NPO法人かものはしプロジェクト このウェブサイトはNPO法人かものはしプロジェクト
IT事業部が制作しました。私たちはカンボジアの子ども達を応援しています kamonohashi project

ページの先頭へ戻る