すべてのツアー すべてのスタディツアー、ワークキャンプをご紹介します

じっくり学ぶ、12日間のフィリピンスタディーツアー

スタディツアーを20年以上続けてきた国際協力NGOアクセスのスタッフが、皆さんをディープなフィリピンにご案内します。アクセスのツアーでは、滞在中にできるボランティア活動はありません。まずは、何が問題で、どんな解決策が必要なのか、自分の目で見て、耳で聞いて、考える。そのための12日間を、全力でサポートします。

団体名 認定NPO法人アクセス
住所 京都市伏見区深草西浦町8-85-4
TEL 075-643-7232 FAX 075-643-7232
URL https://access-jp.org/studytour e-mail office@access-jp.org

訪問国・地名 フィリピン
実施月 2019年2月18日(月)〜3月1日(金)
テーマ
  • 国際交流・ボランティア体験
  • 女性
  • 教育・人材育成
参加費 172,000円 ※詳細はツアー内容をご覧ください
定員 18人(最少催行人数 5人)
旅行形態 旅行企画 : 募集型企画旅行
旅行会社名 : エアワールド株式会社
申し込み : 【認定NPO法人アクセス】

ツアー内容

ツアー内容 :
どうせ海外に行くなら、その国の人々とじっくり交流し、
その国が抱える社会問題を理解したい。
そんな人にぴったりなのが、アクセスのスタディツアーです。

「一歩踏み出したい」
「価値観が変わるような経験がしたい」
「自分にできる国際協力を考えたい」

そんな思いをお持ちの方は、ぜひスタディツアーへの参加を考えてみてください。

日程 : 旅行の内容や詳しい行程は、下記リンクからご確認いただけます!
https://access-jp.org/studytour

参加費 : 172,000円 ( 関西空港発着 )
★早割あり! 2019年1月8日(火)までにお申し込みの方は、5,000円引きに
※マニラでの合流・離団の場合、航空券代金を除いた参加費は120,000円となります。

申し込み : 【認定NPO法人アクセス】
資料請求、または説明会にご参加いただきました上で、お申し込みください。
《資料請求》
https://access-jp.org/form/request

《スタディーツアー説明会》
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c277b49544591

みんなの「声」、届きました。 みんなの声を見る→

掲載をご希望の団体様へ

スタディツアーや、ワークキャンプをこのサイトで紹介したい!

そういった団体様を募集しております。
掲載のご希望等のお問い合わせは下のボタンからどうぞ。

お問い合わせ

注目のキーワード

BOPビジネスCDM植林Docue!GNH(国民総幸福)HIV/エイズKJ法NGO的生き方NO!人身売買・児童買春NPOハロハロODAPRAREDDプラスえびアキラエコビレッジオーガニックオーガニック・コットンカレーグローバル人材育成プログラムコーヒーゴミ集積場・スカベンジャーシャーマンジェンダーと開発ストリートチルドレンスローライフソーシャルビジネスゾウタイで迎えるクリスマス・新年チャリティ・ラントレッキングニョニャババ料理パトロール体験ヒマラヤの秘境ピナツボ火山被災地フィールドワークフェアトレードホームステイマイクロファイナンス・マイクロクレジットマングローブマングローブ植林ユースワークショップ世界遺産五体投地人材育成研修他民族社会・他民族国家仲間との出会い企業訪問伝統文化・少数民族住居・学校建設ワーク保健医療児童労働原発参加型開発収入向上地元学地域づくり地雷原見学女性と貧困女性のエンパワーメント女性グループ・地域と女性子どもたちとヨガ子どもとキャンプ子どもの健康子どもの教育子どもの権利・子ども参加孤児院学校宗教・エスニシティ対話型ファシリテーション少数民族帰還民幸せ・豊かさ復興循環型生活・自然エネルギー戦争・歴史棚田植林水産資源沐浴漁村・漁業漁村・漁業漁業現地NGO・住民組織訪問環境環境・環境汚染・環境回復環境保全環境汚染・環境回復瞑想体験神降ろしを行う奇祭移民・移住労働者緊急支援自然資源管理被災地支援・復興支援路上演劇農村開発・農業体験都市と地方障がい児障害・福祉雇用
  • MY TICKET オルタナティブツアー

  • 風の旅行社 奥地へGO

  • ピース・イン・ツアー スタディツアー

  • JICS 財団法人 日本国際協力システム このウェブサイトは財団法人国際協力システム(JICS)の平成21年度NGO支援事業の協力で制作されました。
  • NPO法人かものはしプロジェクト このウェブサイトはNPO法人かものはしプロジェクト
IT事業部が制作しました。私たちはカンボジアの子ども達を応援しています kamonohashi project

ページの先頭へ戻る