すべてのツアー すべてのスタディツアー、ワークキャンプをご紹介します

第64回国連女性の地位委員会(CSW)参加メンバー募集

ジェンダー平等な世界を目指し、世界中の女性の状況と必要な行動を協議・決議する国連会議、CSW(UN Commission on the Status of Women:国連女性の地位委員会)に、日本YWCAより出席する若い女性(30歳以下)の参加者を募集しています。

団体名 公益財団法人日本YWCA  参加費 : 実費、すべて自己負担(ただし上限を10万円とする研修補助あり) 員_ :
住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館302号室
TEL 03-3292-6121 FAX 03-3292-6122
URL http://www.ywca.or.jp e-mail office-japan@ywca.or.jp

訪問国・地名 米国・ニューヨーク
実施月 2020年3月13日(金)〜3月22日(日)
テーマ
  • 人権・アドボカシー
  • 女性
  • 教育・人材育成
参加費 自己負担 ※詳細はツアー内容参照
定員 5人
旅行形態 旅行企画 : 現地集合・解散型
申し込み : 日本YWCA(担当: 山口・小笠原)

ツアー内容

内容 :
■第64回CSWの会議テーマ:第4回世界女性会議、北京宣言および行動綱領採択から25周年目のレビュー
※1995年、北京で第4回世界女性会議(北京会議)が開催されました。この会議では、女性の人権に関する最も包括的で高い水準の国際的な政策枠組みである「北京行動綱領」が採択されました。
北京行動綱領では、12の重大問題領域が定められ、ジェンダー平等と女性のエンパワメントを促進するために、各国政府、国際機関、NGOがとるべき行動指針が示されました。これは日本の「男女共同参画社会基本法」の策定に大きく影響しました。
その後、ニューヨークの国連本部で2000年に「北京+5」、2005年「北京+10」、2015年「北京+20」が開かれ、北京行動綱領の成果と課題について議論が重ねられてきました。そして来年、2020年が「北京+25」の見直しの年となります。

■募集人数: 5名(選考あり)

■参加条件:
・日本YWCAの目的・方針に賛同し、ジェンダーや女性の人権に関心がある方 ・20歳〜30歳の会員(女性/新規入会可)。
※新規入会・推薦についてはお近くの地域YWCAにご相談ください。(全国24の地域にYWCAがあります。)
*全国の地域YWCA一覧: http://www.ywca.or.jp/network/japan ・参加後最低2年間、YWCAの活動に継続して関わる意志があること。
・派遣前に地域YWCAの活動に参加し、そこでの学びを他の参加者と共有できること(月1回程度)。
・派遣前に事前準備会に参加できること(計4回を予定)。
※参加準備のため、東京、またはスカイプ等の手段によって、2019年9月〜2020年2月の期間に月1回程度の準備会を予定しています。日程等の詳細は、選考の結果参加が決まった方にご案内します。
・CSW出席後、日本YWCAへ報告書を提出するとともに報告会を行うこと。
・英語でのディスカッション・発表が可能であること。

■申込み: 「参加者応募用紙」を、お近くの地域YWCAまでメール・Fax・郵送にてお送りください。
申込書はこちらからダウンロードしてください:http://www.ywca.or.jp/news/2019/0529news.html
全国の地域YWCA一覧:http://www.ywca.or.jp/network/japan
締切 2019年7月31日(水)

■参加者の役割、CSWでできること:
・日本から見える、女性の権利に関する課題について、あらゆるチャンスで発言・共有・質問をする。日本のYWCAが大切にしているテーマ・姿勢を伝える。同時に、現地では自分の意志と判断で、得られるチャンスを柔軟に活用する。
・日本YWCAによるパラレルイベントを企画・実施する。
・世界YWCAや他国YWCA、世界中の女性団体が主催するトレーニング、NGOイベントやサイドイベントに参加する。
・女性と少女の権利、若い女性のリーダーシップなどを求める世界YWCAのアドボカシー活動に参加する。
・現地レポート(フェイスブック)、報告書を作成し、成果と課題を共有する。
※日本YWCAのスタッフが引率します。プログラム詳細は、選考の結果参加が決まった方へご案内します。

■日程 :
※昨年度のもの。今年度の日程は、選考に通った方にお伝えいたします。
3月7日(木):現地到着
3月8日(金):UN Women国際女性デー記念イベント参加、ニューヨーク市YWCA訪問
3月9日(土):UN Women主催「Pre-CSW63 Youth Dialogue」参加
3月10日(日):オーストラリア政府朝食会、世界YWCAオリエンテーション、米国YWCAレセプション
3月11日(月):国連女性の地位委員会(CSW)開会式、ブルックリンYWCA訪問・世界YWCAメンバーネットワーキング
3月12日(火):日本YWCA主催パラレルイベント実施
3月13日(水):UN Women主催「High Level Intergenerational Dialogue」参加、日本政府国連代表部ブリーフィング
3月14日(木):アジアYWCA代表団夕食会
3月15日(金):UN Women主催「Youth Mobilization Spaces」参加
3月16日(土):自由行動日、振り返り
3月17日(日):帰国便搭乗
*3月11日(月)〜15日(金)までCSW参加

■参加費 : 実費、すべて自己負担(ただし上限を10万円とする研修補助あり)

みんなの「声」、届きました。 みんなの声を見る→

掲載をご希望の団体様へ

スタディツアーや、ワークキャンプをこのサイトで紹介したい!

そういった団体様を募集しております。
掲載のご希望等のお問い合わせは下のボタンからどうぞ。

お問い合わせ

注目のキーワード

BOPビジネスCDM植林Docue!GNH(国民総幸福)HIV/エイズKJ法NGO的生き方NO!人身売買・児童買春NPOハロハロODAPRAREDDプラスえびアキラエコビレッジオーガニックオーガニック・コットンカレーグローバル人材育成プログラムコーヒーゴミ集積場・スカベンジャーシャーマンジェンダーと開発ストリートチルドレンスローライフソーシャルビジネスゾウタイで迎えるクリスマス・新年チャリティ・ラントレッキングニョニャババ料理パトロール体験ヒマラヤの秘境ピナツボ火山被災地フィールドワークフェアトレードホームステイマイクロファイナンス・マイクロクレジットマングローブマングローブ植林ユースワークショップ世界遺産五体投地人材育成研修他民族社会・他民族国家仲間との出会い企業訪問伝統文化・少数民族住居・学校建設ワーク保健医療児童労働原発参加型開発収入向上地元学地域づくり地雷原見学女性と貧困女性のエンパワーメント女性グループ・地域と女性子どもたちとヨガ子どもとキャンプ子どもの健康子どもの教育子どもの権利・子ども参加孤児院学校宗教・エスニシティ対話型ファシリテーション少数民族帰還民幸せ・豊かさ復興循環型生活・自然エネルギー戦争・歴史棚田植林水産資源沐浴漁村・漁業漁村・漁業漁業現地NGO・住民組織訪問環境環境・環境汚染・環境回復環境保全環境汚染・環境回復瞑想体験神降ろしを行う奇祭移民・移住労働者緊急支援自然資源管理被災地支援・復興支援路上演劇農村開発・農業体験都市と地方障がい児障害・福祉雇用
  • MY TICKET オルタナティブツアー

  • 風の旅行社 奥地へGO

  • ピース・イン・ツアー スタディツアー

  • JICS 財団法人 日本国際協力システム このウェブサイトは財団法人国際協力システム(JICS)の平成21年度NGO支援事業の協力で制作されました。
  • NPO法人かものはしプロジェクト このウェブサイトはNPO法人かものはしプロジェクト
IT事業部が制作しました。私たちはカンボジアの子ども達を応援しています kamonohashi project

ページの先頭へ戻る